STC国際税務会計事務所

連結納税導入支援
individual

ホーム > 業務内容 > 連結納税導入支援

連結納税制度の円滑な導入及び運用を支援します!

連結納税制度とは、100%の資本関係がある企業グループを一つの納税単位として、法人税の申告納税を行う制度です。

通常、法人税の申告は、一つの法人をその申告主体として行いますので、企業グループ内のある会社では多額の利益に対して多額の法人税が課税され、もう一方の会社では慢性的に損失が発生し、未使用の繰越欠損金が積み上がり続けている等、グループ全体として最善のタックスコントロールが十分にできていない場合が多々あります。

このような場合に連結納税制度を採用することで、一方で生じた利益ともう一方で生じた損失を合算(相殺)して申告することで、グループ全体としての法人税負担を減少することが可能となります。

一方で、連結納税は通常の法人税申告に比べ、特殊な処理が求められますので、事務負担が増加することもありますし、また、複雑な制度となるため、各種論点に熟知していなければ思わぬ規制により想定していた税務メリットを享受できない場合もありますので、導入に際しては、綿密な事前準備が必要となります。

当社では、連結納税の豊富な実績を活かし、制度の導入から申告手続きまでを円滑にサポート致します。

なお、既に顧問税理士がいる場合でも、貴社の顧問税理士が作成した単体法人の申告書から連結納税を行うこともできますので、現在の顧問税理士は変更せずに、制度を導入することも可能です。まずはお気軽にご相談ください。

主なサービス内容

  • 連結納税制度の導入サポート
  • 連結納税制度による法人税申告

料金について

クライアントが希望するサービスに応じて決定させていただきます。

ご予約